ファンの笑顔に囲まれたサイトを作りませんか? ファン作りの専門家である私たちファンサイト有限会社が全力でサポート!

ファンサイトとは第5回 株式会社クラシコム「北欧、暮らしの道具店」

第5回 株式会社クラシコム「北欧、暮らしの道具店」

▽北欧、暮らしの道具店
http://hokuohkurashi.com/

一龍齋友宝
すごく良くできているサイトだよね。ファンサイトのひとつの進化形としてEC要素を入れていくと、こういう形という理想だ。ブランディングと販売がセットになっている。
あどば亭音楽
すごく見通しが良い感じがするんですよね。お店が見通せる、透き通った感じがよくでている。
一龍齋友宝
北欧的なイメージにも合っているからね。
竹馬亭お気楽
日本人がイメージする北欧っぽさを良く出しながら、しっかり昇華しているね。
ファン杉亭サイ蔵
企業説明のところにも、そのあたりはよく表れていますね。自分達が使いたいものを追求したら北欧的なものに惹かれ、フィットする暮らしを追及したら北欧に限らず日本や世界中にある良いものに出会う。そうやって商品が増えていったようですね。
一龍齋友宝
すごく良い感じだよね。
ファン杉亭サイ蔵
コラムを読んでいても、スタッフの考えがひとつのコンテンツになっている。企業ビジョン実現のために、各スタッフが表現している。
竹馬亭お気楽
ここまでくるのにどれくらいかかったのかな?
ファン杉亭サイ蔵
会社の設立は2006年ですね。
一龍齋友宝
この状態になるまでは結構時間がかかったようだね。でもかかるよねぇ、そのくらい。
ちょっとずつ良いものを集めてきた結果だ。
ファン杉亭サイ蔵
だからこそ店舗じゃなくて通販で事業を始めた意義があるんですよね。
一龍齋友宝
自分の好きなものをコツコツあつめてアップし続ける、それを同じ趣向の人たちに伝えているわけだ。
あどば亭音楽
この資本金でよくできているよね、このサイト。内製なのかね?
竹馬亭お気楽
本当に見ていると欲しいものがたくさんあるよね。
ファン杉亭サイ蔵
小綺麗なイメージだけじゃなくて、ビンの消毒の仕方とか、自分達が使っている感想がありますよね。売った後のケアまでしてくれる雑貨屋さんって感じ。
一龍齋友宝
このサイトはファンサイト作りにおいては、非常に重要な参考事例だと思う。久々にガツンときた。
ちょっと大げさな言い方かもしれないけど、例えばパタゴニアに務めている人たちってパタゴニア的なライフスタイルだよね。自分達の生活感とイコール、貫徹している感じがある。パタゴニアの店に行けば本当にパタゴニアが好きな人が商品を売っている感じだ。
竹馬亭お気楽
このサイトではバイヤーがコンシェルジュ的な役割をしているんだろうね。
一龍齋友宝
側面としては『暮しの手帖』的なところがあるかな。レイアウトとかもそういうイメージがある。
竹馬亭お気楽
無印とも似ていますよね。
あどば亭音楽
うん、でも無印よりもモノを大切にしている感じがある。
一龍齋友宝
そうそう、肌感はこっちのほうがあるね。
ファン杉亭サイ蔵
メメルマガも良いんですよ。締めの店長コメントが濃くて熱いんです。店長ブログも月に2、3回書いていて、会社や社員や商品に対する想いがすごい。通販なのにスタッフの顔が見えて、接客されているかのようにすごく近く感じるんです。
定期的に自社サイトで商品買ってみて、お客様視線で改善するということは、なかなかできることじゃないですよね。
竹馬亭お気楽
土鍋のコンテンツはごはんの炊き方も丁寧に写真で解説してくれていて、ごはんがとってもおいしそうに見えるよね。「蒸すこともできます」なんて紹介されていて、なおさら欲しいなって思えるよね。
ファン杉亭サイ蔵
購入を迷っているところをひと押しされちゃいますね。
竹馬亭お気楽
メーカーだってここまで解説してくれないよね。
一龍齋友宝
メーカーじゃなくてファンが言っているから説得力がある。
ファン杉亭サイ蔵
人に薦めたくなるサイトですね。ここにいけば気に入ったものが大抵見つかるよって。
竹馬亭お気楽
雑誌の編集部みたいな形態ですよね。
一龍齋友宝
配送料の頃合いもとてもいいね。
ファン杉亭サイ蔵
雑貨で配送料無料15,000円って高いけれど、商品説明見ているうちにこれも欲しいって、気が付いたら15,000円超えちゃいそう。
竹馬亭お気楽
これだけの情報量をさらっと紹介するには、よっぽど色々なことを考えないといけないよね。
あどば亭音楽
無印のサイトとかには、こういう求心力はないもんなあ。
一龍齋友宝
すごいね、ここ。今までの中でダントツ。
ファン杉亭サイ蔵
この編集作業は相当大変でしょうね。
竹馬亭お気楽
よっぽど好きじゃないとできない。
ファン杉亭サイ蔵
いいものだと本当に思うから伝えたい、だから継続できるんでしょうね。
一龍齋友宝
ただ、ユーザーズボイスを載せていない理由を知りたいな。編集ポリシーとしてジャマなのかな。
あどば亭音楽
あくまで雑誌なんでしょうね。
一龍齋友宝
バズはバズで勝手にやってくれってところなのかもね。
竹馬亭お気楽
ユーザーがベタ褒めしているとクドい感じになるかもねぇ。

全員:

寄席一同
寄席一同

4枚 「5にしなかった理由はユーザーズボイスがないから」
4.5枚 「着実にファンは捉えてるが、独自性はイマイチかも」
4枚 「世界観がある。モノまわりの作り込みは良くみえるが、ファンが見えない」
4.7枚 「通販を意識したファンサイトとして最適解と思う。裏方の語りにファンになった」

<結論:座布団4.3枚>

  • 制作実績
  • ファンサイト実践法のご紹介

ファンサイトとは

  • ファンサイト友言寄席 企業のファンコミュニティーサイトを「ファンサイト」的視点で分析!
  • andpartyのご紹介
  • 会社案内:ファンサイト実践法
  • 書籍紹介:企業ファンサイト入門
  • メールマガジン:ファンサイト通信
  • Facebook
  • 花も実もない!Marketing One Hit Shot eBook発刊