ファンの笑顔に囲まれたサイトを作りませんか? ファン作りの専門家である私たちファンサイト有限会社が全力でサポート!

ファンサイトとは第6回 ハーゲンダッツジャパン株式会社「ハーゲンダッツ」

第6回 ハーゲンダッツジャパン株式会社「ハーゲンダッツ」

▽ハーゲンダッツ
http://www.haagen-dazs.co.jp/
▽ハーゲンダッツコミュニティー
http://community.haagen-dazs.co.jp/
▽Facebookページ
https://www.facebook.com/HaagenDazsJP

ファン杉亭サイ蔵
今回のハーゲンダッツは、サイトをリニューアルしたばかりです。TOPページを見ていただいくと、高級でラグジュアリーなブランドページへとリニューアルしています。
一龍齋友宝
Facebookページの「いいね」も40万以上、すごい数だね。
ファン杉亭サイ蔵
ハーゲンダッツファンのことを「ダッ通」と言うらしいですよ。いち早く限定味を見つけてレビューしています。買えなかったこともレビューして、お互いが「どこそこに売っている」とか報告しあって楽しんでいます。ある意味商品自体が「あなただったらどう口コミする?」という巻き込み型の企画ですね。
ぐるり亭食楽
ここのページは運営会社を変えていて、avecになっていますね。先月までは違うところだったけれども。ハーゲンダッツってポイントカードがあって、10個ためると1個くれるんですよ。このポイントカード、紙だったのがプラスチックカードになって全世界で使えるようになった。世界で使えるポイントカードってなかなかないので、旅行の時に使いたくなる。
ファン杉亭サイ蔵
店頭ディスプレイが綺麗な店舗を6店舗ほどセレクトして、そこに投票してユーザーに1番を選んでもらうという、おもしろい企画も実施していて、流通キャンペーンで終わらせずに消費者も巻き込んでいます。
一龍齋友宝
ファンコミュニティを次の営業ツールに展開している例として非常におもしろいね。
ファン杉亭サイ蔵
第1位のお店はファンから709票もらっています。お客様の巻き込みがうまいですよね。
竹馬亭お気楽
ハーゲンダッツって1個300円くらいだからね。ちょっと高くて非日常の感じがありますね。
一龍齋友宝
宝石みたいな感じだよね。
竹馬亭お気楽
そうそう、酒飲み的な感覚ではない(笑)。
ファン杉亭サイ蔵
「がんばったから今日はこれ」みたいなところがあるかもしれませんね。
竹馬亭お気楽
夢がありますよね、いっぱいではなくちょっとだけの贅沢というのが大事。
ファン杉亭サイ蔵
フレーバーも気分によって好きものに変えられるし、人気投票でも票が割れているようです。
一龍齋友宝
ハーゲンダッツのサークルメンバーが53000人。すごいね。
ぐるり亭食楽
コミュニティがリニューアルするときに、投稿できなくなるのがユーザーには辛いらしいですよ。
一龍齋友宝
ただ、デザインは昔のサイトのほうが暖かみがあるね。手作り感があった。今はとてもおしゃれだけど。
竹馬亭お気楽
有名人になっていく投稿者もいるんですね。
ファン杉亭サイ蔵
ワーゲンファンが自分の車を撮って公式のFacebookページに投稿しているのと似た現象ですね。
一龍齋友宝
ブランディングがしっかりできているよね。ワーゲンもハーゲンダッツも。ファン化しやすい幸せなマーケティングだ。メーカーもファンも同じ方向を向いている。
ファン杉亭サイ蔵
ファンに自由な遊び場を提供してあげているという雰囲気があります。
ぐるり亭食楽
余白が多いというか、ゆるくて心地いい。
一龍齋友宝
2011年からやっているんだよね、5年目ということだ。
あどば亭音楽
やっぱりアイスクリームって夢があるよね。
ファン杉亭サイ蔵
CMでやっている、ちょっと待って溶かして食べるというのも、固さというネガを上手にポジに変換しているし。
ぐるり亭食楽
そういえば、あんまりセクシー系の販促をやらなくなりましたね。
あどば亭音楽
投稿の統計を取ると横浜近辺が一番多いらしく、ハイセンスな人がサイトを訪れているイメージがあるね。
ファン杉亭サイ蔵
Facebookページ記事のシェアが多いですよね、ただの新発売の記事だったりするんですけど。
ぐるり亭食楽
商品にファンがしっかりついているんだろうな。CMについているわけではなくて、商品のファンがいる。
ファン杉亭サイ蔵
人に伝えたいほど、商品そのものが価値をもっているってことですもんね。
あどば亭音楽
口の中にいれたときの感覚とか喜びを共有しているんですよね。だからシェアするし、新商品も口にしなければわからないから買ってくる。
ぐるり亭食楽
そうそう、あとちょっとした頼み事やねぎらいのときなど、ちょっとした贈り物にも使えるイメージですよね。
あどば亭音楽
近いかなと思うのは、黒ビールとか。あの非日常感。
ファン杉亭サイ蔵
最近多いスタイルですが、飲む缶チューハイの味を毎日変える、それにも近い感じがします。
それにしても「食べたよ」「食べたい」で、これだけクリックさせるというはすごいですね。ブランドページでこれだけのアクションがあるのはすごい。
一龍齋友宝
こういう商品って他にないような気がするよ。
ぐるり亭食楽
趣味的な感じがしますよね。
ファン杉亭サイ蔵
似た感じのブランドでも、ゴディバはここまで盛り上がっていないんですよ。
一龍齋友宝
ゴディバはもうちょっと宝石感が強いな。
ぐるり亭食楽
コミュニティ感はあえて出さない感じですもんね。
あどば亭音楽
コンビニで300円くらいで、絶対にそれを選ぶというブランド、なかなかないなぁ。コンビニスイーツのブームがあったころのものに近い感じがあったかもしれないけど。あとトレーにとって買うパン屋さん、あれも客単価高いですよね。
竹馬亭お気楽
プレミアムクラスのビールに近いかなと思ったけど、バリエーションはずっと豊かだよね。ビールはハーゲンダッツのように選択肢ないし、女性的にビールはおもしろくないだろうなあ。ヨーグルトとかだとどうだろう。
ファン杉亭サイ蔵
チーズとかも近いかもしれませんね。
ぐるり亭食楽
ウェブサイトのデザインも絶妙で、デコりすぎていない感じがとてもいいなぁ。
ファン杉亭サイ蔵
ではここら辺で、ファンサイト的視点でどうか、座布団の枚数でご評価ください。最高評価は5枚です。

全員:

寄席一同
寄席一同

5枚「コンシェルジュ的な役割がいないけれども、自然に導かれている感じがとても不思議」
5枚「企画自体がコンシェルジュになっているから、コンシェルジュがいらない。だからシンプルに展開できる」
4.3枚「よくできているんだけど、昔の手作り感ある方が僕は好き。0.3はやっぱり商品力が強すぎるからのマイナスを加味して」
4.5枚「自分のところの商品のポジショニングをよくわかっているけど、商品に恵まれているので5点はつけられないかな」
4枚「ファンサイトとしては完璧なんだけど、ファンの顔があまり見えてこないかな」

<結論:座布団4.6枚>

  • 制作実績
  • ファンサイト実践法のご紹介

ファンサイトとは

  • ファンサイト友言寄席 企業のファンコミュニティーサイトを「ファンサイト」的視点で分析!
  • andpartyのご紹介
  • 会社案内:ファンサイト実践法
  • 書籍紹介:企業ファンサイト入門
  • メールマガジン:ファンサイト通信
  • Facebook
  • 花も実もない!Marketing One Hit Shot eBook発刊