ファンの笑顔に囲まれたサイトを作りませんか? ファン作りの専門家である私たちファンサイト有限会社が全力でサポート!

ファンサイトとは第11回 株式会社ファンケル「FANCL Community」

第11回 株式会社ファンケル「FANCL Community」

▽FANCL Community
http://blog.fancl.co.jp/index.html
▽Facebookページ
https://www.facebook.com/FANCL.Official/

「無添加」という商品特性にあったテイストで、コンテンツはもちろん、こまかい部分も統一して表現しており、ブランドの世界観がとても伝わってくる素晴らしいサイト。
ここまで企業目線でなく、全てをファン目線で考え・表現・運営していることや、Facebook、LINE、YouTube、Twitter、Instagramなど全方位的にファンと2Wayでコミュニケートする姿勢に、嫉妬すら感じるほどベンチマークとなるファンサイトである。
ファン杉亭サイ蔵
現在増え続けている「ファン」をテーマにしたサイトやFacebookページをとりあげ、「ファンサイト」的視点で勝手に分析・評価してゆくこの「友言寄席」。
第11回目はファンケルです。お客様が商品開発に参画して、自分達の声が形になる。無印良品などは既に取り入れていますが、ファンケルでもこういうことを始めています。女性の声を活かして商品を作り、ECと連動して限定で売っていますが、嫌らしくない感じで、よくできていると思います。
一龍齋友宝
ファンケルは、6年ほど前に一度プレゼンしたことがある。当時は印刷会社を通じて、ファンサイトのプレゼンをした。当時からコミュニティサイトを志向している感じだったな。ファンケルのやりたいことができている感じがするサイトだね。お客さんとコミュニケーションするためのサイトだね。
ファン杉亭サイ蔵
まさにそうですね。ここのやり方は、私が以前「ビアジェンヌ」というコミュニティーで行っていたやり方と似ています。会員様にモニターとして飲食店に行っていただき、接客や料理や雰囲気などの意見を飲食店にフィードバックすることで営業ツールに変換していました。繁盛のためのお店の改善ポイントを、女性の生声を活用するやり方に似ています。
ぐるり亭食楽
会社のサイズがちょうどよくて、価格も買いやすいんですよね。僕のかみさんなんかすぐ買っちゃう。
ファン杉亭サイ蔵
通販で買われるんですか?
ぐるり亭食楽
店舗も行ったりしていますけど、最近セブンイレブンとかの共同ブランドとかも買っていますね。
あどば亭音楽
高級すぎないで、かといってチープでもなく、そこそこの質感がある。不思議な位置づけですよね。
ぐるり亭食楽
会社や学校、旅行とかにも持っていきやすい容量なんですよ。声をちゃんと聞いているのかもしれない。
あどば亭音楽
「使って実感口コミキャンペーン」のハッシュタグの仕組みはおもしろいですね。「#ファンケル新スキンケアを使ってみた」をつけて、感想を投稿すれば応募完了。
一龍齋友宝
これはおもしろい。
ぐるり亭食楽
本当にユーザーが使った実感を反映しながら、キャンペーンを作る。キャンペーンに参加するとサンプルなりプレゼントがもらえる。
Instagramも使っているんですね。
ファン杉亭サイ蔵
Twitter、Facebookも対象ですね。
ぐるり亭食楽
わかりやすいストレートなネーミングなんですよね(笑)。いやらしさがなくていい。
一龍齋友宝
プレゼントも嫌みなく、しっかり展開されているね。
ファン杉亭サイ蔵
企業説明とか商品説明もしつこくない。好きな人は選んでくれるはずって割り切っているから、必要以上に広告広告していない。最近ECの売上げを強く意識していると、いろいろ言葉をつけたくなっちゃうんだけど。記事はお役立ちの読みものとして成立されることが本当に大切ですね。
一龍齋友宝
頃合いよく商品を作ってくれる会社ですよね。青汁にしてもそうですけど。トップは狙わないけど、そこそこ綺麗に作ってくる。ファンケルの人気って中国では絶大らしくて。銀座のファンケルの前にはすごい人だかりが。早くに中国に進出していましたものね。
あどば亭音楽
やっぱり無添加っていうのは、絶大なブランドなんでしょうね、中国の人にとって。
ファン杉亭サイ蔵
直営のショップを出してからイメージが上がった気がしますね。
一龍齋友宝
会社が出来たのは30年くらい前?
ファン杉亭サイ蔵
創業は1980年ですね。
一龍齋友宝
僕の専門学校の教え子が無名時代に入社したんだけど、株をもらって今ではすごいお金持ちになっちゃった(笑)。もう退職しているだろうけど。
ファン杉亭サイ蔵
創業時から無添加というのはコンセプトだったようですね。添加物で肌が荒れる人に向けて、具体的なコンテンツもナチュラル感というところに寄っています。
一龍齋友宝
きつくないよね、とにかく全体的に。
あどば亭音楽
「通心販売」は「心」と書くんですね。
ファン杉亭サイ蔵
そうなんです。お客様に心をこめて商品を届けたいということからだそうです。
一龍齋友宝
チャチャいれにくいサイトですね。ニュートラルだし。
ぐるり亭食楽
非常に参考になります。
ファン杉亭サイ蔵
特筆してすごいという所があるわけではないんですけど、全体にやさしさ・思いやりを感じます。
一龍齋友宝
以前見たカゴメみたいに球筋がしっかり見えるわけではない、ゆるく、でもちゃんと入っている感じだ。食品も化粧品も衣料ある、商品群がいろいろあるのに、よくこんなにまとめていますよね。
ファン杉亭サイ蔵
肌着もオーガニックコットン、エビデンスの強さではなくて、自分達がいいと思うものをファンケルポリシーで作りました、という感じ。
あどば亭音楽
デザイナーが主張していないんでしょうね。本当に女性のユーザーの目線に立って作っている。これはなかなかですね。ジワジワきます。
一龍齋友宝
よくまとまっているよね。
ぐるり亭食楽
この友言寄席で取り上げた中で、一番普遍的な良さをもっているかも。
あどば亭音楽
徹底的に女性目線なんでしょうね。
一龍齋友宝
どの会社もみんなこれになっちゃったら寂しいけど(笑)。
ファン杉亭サイ蔵
Facebookページは逆に普通なんですよね。
ぐるり亭食楽
外に対しての広告的な感じがありますね。
一龍齋友宝
今までいろんなものを見てきたから、良さがわかる。ファンサイト的にはベンチマーク的なファンサイトだなあ。
ぐるり亭食楽
正直、見るまでは想像できなかったです。「たたずまい」って重要なんですね。
一龍齋友宝
一個一個のコンテンツはしっかりライターが書いている。自社内でこれは難しいよね。
あどば亭音楽
書き込みがおもしろいですね。カウンセリングページに「服が可愛い」とか「リボンの結び方のパターンはあるんですか」とか(笑)。でも女の人ってこういうところ見ているんでしょうね。あ、でもカロリミットファンケルの「いっぱい食べる君が好き」ってキャッチコピーは本当に良かったな。女心をわかっている。
ぐるり亭食楽
女性が自分のために作っている感じが本当にありますね。

全員:

寄席一同
寄席一同

5枚「素直に5枚です。」
5枚「これはちょっとケチつけられないな。非の打ち所がないですね。」
5.5枚「いままでのなかで一番です。」
5枚「どこを見てもいいなって思える。」

<結論:座布団5.1枚>

  • 制作実績
  • ファンサイト実践法のご紹介

ファンサイトとは

  • ファンサイト友言寄席 企業のファンコミュニティーサイトを「ファンサイト」的視点で分析!
  • andpartyのご紹介
  • 会社案内:ファンサイト実践法
  • 書籍紹介:企業ファンサイト入門
  • メールマガジン:ファンサイト通信
  • Facebook
  • 花も実もない!Marketing One Hit Shot eBook発刊